【栽培方法】

当園では化成肥料や除草剤は一切使用していません。害虫対策に減農の為LED防蛾ライトを使用しています。
土本来の力を引き出す為に、落ち葉や菜種カス等の有機物だけを使用し地中の生態系を崩さない
【自然】に近い栽培を心掛けています。
化成肥料を使用しない事で地中に微生物が豊富に活動し、悪い菌達も自然分解され病害にも強い木が育ち減農栽培にも繋がっています。

当園地は日当たりが、とても良く昼夜の寒暖差のある土地に恵まれているので、糖度の高い美味しい桃が作れています♪♪

【落ち葉】

堆肥にもなる落ち葉は、神社や、お寺の参道等の清掃をしながら集めています。もしかしたら、ご利益があるかもしれません♪

【清水白桃】

岡山と言えば清水白桃。
勿論、当園でもイチオシの白桃です。
清水白桃は皮も薄く他の品種よりも扱いが、
とてもデリケートな白桃です。
その為、多くの生産者さんは【青採り】をしてしまいます。
私も就農して右も左も解らない時期に、
老木の園地を借りて白桃栽培を勉強をしてた頃は、
【青採り】が当たり前と思い、
収穫していました。
でも青い桃を追熟させても、あまり美味しくないんです。

【木で熟れてる桃とは雲泥の差】

結局、青桃は生産者や仲買人業者が、
扱いやすいだけの品物であり、
決してお客様目線ではないんです。

胸を張って、

「うちの白桃は美味しいよ!」

と言えなければ、やってる意味がない。

なので新植した1haの園地では栽培方法から全て見直しを図りました。
収穫もギリギリの適熟で行っています。

適熟での収穫は毎日、1つ1つの桃の熟れ具合の確認が必要で、
作業効率は悪くなり大変ですが、

「今年も美味しかったよ!」

と、お客様に言って貰える事で
元気を貰い頑張っています。

【園内で養蜂もしています】

昨今ミツバチが減少していると言われていますが園内でミツバチも元気に暮らせる環境下で、白桃の栽培を行っています。

powered by crayon(クレヨン)